劇団生命座の活動状況を皆様にお知らせします! 生命座ホームページへ

2018年05月06日

4/29 稽古に参加して(伊波瑠奈)

昨年のすずなり以降入団させていただき、実は今回が初めての稽古参加となりました。
まずは、ストレッチ、筋トレから。
自分の体のかたさと、必要な筋肉の付いてなさを痛感しながら、のストレッチ、スロー腹筋。あまりの腹筋のできなさに、体の基礎から、芯から鍛えないと、つくづく思いました。笑

そして、外郎売。
小、中学生の時に落語をやっていた私は、何度も外郎売を聞いたことはあったけれど、実際にやったのは初めてでした。昔の言い回しや、早口言葉で、翌日は、顔が筋肉痛になりました。

そして、エチュードをやりました。
お互いに意見を言い合いながらできるのは、自分にとっても凄く勉強になりました。他の人がやっているときは、自分だったらどうするか、わたしがやるときは、周りから見たらどう見えるのか、など、色んな目線から一つの短いストーリーを見るのはとても難しくて、とても楽しかったです。

頭がいっぱいいっぱいになりながら、少しずつ紐解いていく、やっぱりお芝居は楽しいなと改めて思いました。


次の稽古までに、すき間時間基礎力アップを頑張ります!


伊波瑠奈
posted by Seimeiza at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月06日

稽古に臨む姿勢新たに by藤田俊之(お知らせもあります)

本公演が終わってもう数年経った気がする今日この頃、希望する関係者だけに公開された録画を見て自分の演技に愕然とした反面、その衝撃を差し引いても中々得られぬ物を得た。

それは自分の演技を知った事、演じる為に必要な事に少し気付いた事。

稽古は唯一のその基本習得の貴重な時間。紙一枚の台本で様々な事を学ばせてもらう。無限とも思える表現を考えると楽しい。演技の奥の深さと自己変革の必要性、楽しさを感じるが、それは洞察力の深い演技指導があっての事。

自身の事だが、年齢に関係なくもっと大いなる情熱で練習に臨んで行こうと思う。声もまだ小さい。これでは聞こえない、人の心も掴めない。

役者同士が打ち合わせして演じる練習は表現だけでなく想像力や洞察力も学ぶ練習と感じる。が、問答無用に難しい。又、一枚の台本に頭を悩ませる日々である。

練習が終わった後の方が忙しい。もっと自由に、まだ表現を固める時では無い、次の練習はもっと新しい自分で臨もう。

※次回の劇団生命座スキルアップ稽古では一般の方の無料体験・見学参加も受け付けます!
4/29(日)13:00〜埼玉県北本市東部公民館にて。このチャンスにぜひ参加されてみては?
お問い合わせ・参加のご希望は生命座サイトのお問い合わせフォームからどうぞ。
posted by Seimeiza at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月13日

今年初ミーティングで主宰から檄が飛ぶ⁈

3/4(日)は、今年初の生命座のミーティングでした!

ここのところ音楽活動の方に重きを置かせていただいていて、あまり生命座の活動に参加出来てなく久しぶりにミーティングに参加させていただきました。


この日は主宰・鷹青由加子さんが前回稽古の時に団員達に対して感じた事をストレートに伝え、団員一人一人それに対して思うことを喋るという流れに。


私は、前回稽古は参加出来なかったのですが、その時参加していた団員さん達の参加姿勢が積極性に欠けていたらしく


でも、思えば10年ほど生命座に籍を置かせていただいてますが、今までも何度か出てた話でした。

生命座は、楽しく仲良くって感じじゃなくて、人の胸を打つ芝居を作るための真剣勝負な劇団なのです


前回稽古に参加していた団員達(主に新人の方々)のお話によるとなぜそうなったのかは遠慮してしまったりそれぞれ理由があるけれど、皆さん「もう遠慮しない」「恥ずかしがらずに自分をさらけ出す」と、真剣に決意を語っていて、生命座に対しての真摯な思いと、お芝居をやりたいという素直な気持ちがすごく伝わって来ました。


前回公演「太陽が落ちてきた〜すずなりの逸声(いっせい)〜」の公演に客演して、ぜひ生命座の団員になりたいと思って下さった新人団員さん達は、とても熱意があって本当に今後が楽しみです。


主宰から私に対しては、「前々回公演(約2年前)に久しぶりに出た時にかなり実力落ちてたから、たこも公演出てなくても稽古しとかないと」と言われ、まだ諦められてなかったんだと嬉しかったです(笑)


というわけで、次回稽古は参加します!楽しみです!!がんばります!!!


指寿川妙子(たこ)

posted by Seimeiza at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記